バイアグラQAサイト【White-Man】

バイアグラのお悩み解決サイト!

Q.はじめて作られたED治療薬はどんなもの?

A.ED(勃起障害)でお悩みの方は決して少なくありません。ストレスや生活習慣病が起因して、ED(勃起障害)に陥ってしまう方は様々な治療法を考えていらっしゃると思います。

ストレスの場合は通常の治療だけでなく、メンタルケアも必要になりますが、神経系の障害である場合などでは、ED(勃起障害)は基本的に薬で治療をするのが一般的です。

皆様ご存知だと思いますがED(勃起障害)の治療薬として有名なのはバイアグラです。

バイアグラはどのように生まれたのでしょうか。バイアグラに含まれる成分にシルデナフィルというものがあります。

もともとシルデナフィルというのは、狭心症の治療のために研究や開発がされたものでしたが、その試験の最中に勃起を促進させる作用があるということが発見されました。実はこのシルデナフィルがバイアグラの誕生に繋がっています。

ちなみにバイアグラという名称は商標です。

勃起不全に効果のあるバイアグラですが、ED(勃起障害)治療薬として初めて開発されたため、当初このような薬が登場したということは画期的なことでした。それまでED(勃起障害)患者の方たちは治療薬というものがなかったため、諦めてしまうという方も少なくありませんでした。少しだけわかりやすく仕組みを説明しますと、このバイアグラは陰茎海綿体にある血管平滑筋を緩めさせることで、陰茎の血液量を増やしてくれるのですが、海綿体の内圧が高められることによって、ED(勃起障害)などの勃起不全の症状をお持ちの方も、勃起を促進させることができるということなのです。





カテゴリー:バイアグラ

Q.バイアグラにはどのような副作用がある?

A.バイアグラを使用するにあたって、副作用が少し心配だという方もいらっしゃるかもしれませんが、これには個人差があります。

人によっては発疹などの症状がみられる場合もありますので、そういった場合は一度医師に相談してみると良いでしょう。他にも症状は色々ありますが、発症する症状の程度は様々です。

胃痛があるという方もいらっしゃいますし、視覚異常が起こったということも報告されています。

眩暈や顔のほてり、または腹痛や鼻水、鼻づまりといった症状が出る方もおり、副作用にも様々な症状があります。

様々な副作用が見られる中、いくつかの育毛剤や若はげなどに関するサイトでは精力剤でハゲるという話もありました。男性ホルモンのバランスと抜け毛、薄毛の関係が深いせいでしょう。さだかではないですが、心配な方は同時に育毛剤なども調べておくのは良いと思います。

若ハゲ専門サイトですが参考までに→こちら

若はげとなると私もついつい見入ってしまいますが、話を戻しまして、バイアグラは医師の処方がなければ入手することができません。これは日本の薬事法と関係していますが、医療機関を通さずに購入したい場合は、個人として海外の会社やお店と直接取引することによって、海外の薬を輸入することはできます。

しかし日本の薬事法が厳しいということは、それだけきちんとしたガイドラインが引かれているということでもあります。

つまり、医師に相談して管理してもらいながら、使用する分には副作用もそれほど心配しなくて良いので、下手に海外のものに手を出すよりもいいかもしれません。個人輸入の場合は市場に出回っている偽物を売られることだってあります。

一時的なほてりや頭痛程度でしたらそれほど重い症状ではありません。しかし視覚障害がある場合には少し注意が必要です。





カテゴリー:バイアグラ

Q.バイアグラの注意点は?

A.バイアグラというのは、ファイザー製薬が開発したED(勃起障害)の治療薬ですが、初めてのED(勃起障害)治療薬であり、世界中で使用されていますので大変有名な薬です。

知らない人はほとんどいないと言っても過言では無いでしょう。バイアグラは大変高価な薬です。

だいたい1錠につき、千数百円ぐらいはします。

バイアグラは医師に相談して使用すると、それほどリスクは高くはなりませんが、個人で輸入して海外のものを使用すると危険が潜んでいます。

しかもバイアグラと偽った偽造品というのも出回っていますし、もし健康に害を及ぼす場合に、海外の薬品ですと救済制度としても対象外になりますので、十分に気をつけなければなりません。最近は、海外のバイアグラを手に入れたい場合に輸入を代行してくれる業者も存在します。

インターネットで簡単に入手できるようになったからこそ、安全性には気をつけたいものですね。副作用があるかどうかという事もそうですが、体に合う・合わないという事もありますので、過去にバイアグラを使用してアレルギー症状を起こした経験がある場合や、狭心症の治療で別の薬を服用していたり、低血圧の方やもしくは血圧が異常に高い方をはじめ、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞になった経験をお持ちの方は特に注意が必要です。





カテゴリー:バイアグラ

Q.ジェネリック医薬品って何?

A.バイアグラにも実はジェネリック医薬品というものがあります。

ジェネリック医薬品がどういったものかと言いますと、日本には特許というものがありますが、医薬品の中でも新薬である場合は特許が発生するため、同じ効き目のある薬品を同じ成分で作って販売してはいけないのです。

ところが、定められたある一定の期間をすぎると、他のメーカーからも販売する事ができるようになります。

これが後発品、いわゆるジェネリック医薬品です。

新薬の開発にあたっては、相当なお金がかかります。

というのは、目的に合わせてさまざまな研究を行わなければならないですし、薬品が安定するように物質も組み合わせたりしながら検証をしなければならないからです。

ですから、せっかくそれだけの費用をかけて新薬を開発したにもかかわらず、どこかの会社に真似されて簡単に同じものを作られてしまうと、最初に投じた費用を回収する際に不利になるため、日本では新薬に関して一定期間、その新薬を開発した会社が、その薬を独占販売できるような体制をとっているのです。

ジェネリック医薬品の場合は、新薬の独占できる期間を過ぎた後で、それを真似して作るため、成分をすべて検証したりする必要もありませんので、かなりの経費を削減することができるのです。

こういった理由によりジェネリック医薬品が安く販売されているのです。





カテゴリー:バイアグラ

Q.バイアグラの価格はいくらくらい?

A.次はバイアグラの価格について考えたいと思います。

バイアグラの購入方法として、病院で処方してもらう場合と、個人輸入で購入する場合があります。

個人輸入には様々なリスクがつきまといます。

それは偽物の薬などが出回っていたりする場合があるからです。

輸入代行を行っている歯医者などに任すと安心ですが、その業者自体が悪質な場合はどうすることも出来ません。薬品を輸入すると薬の価格が、アメリカでの販売価格になります。

これは製品によって変動があるのですが、だいたい病院で診察をしてもらってから検査などを受けた後に処方してもらう場合ですと、これもかなり開きがありますが、5,000円から25,000円ぐらいまでの差があります。

バイアグラというのは健康保険の適用外になりますので、すべて実費負担になります。

それから、50ミリグラム錠をもらう場合は、およそ1錠につき1500円ぐらいです。

これもかなり曖昧ですが1回の処方で、だいたい3ヶ月分ぐらいまでしかできないはずです。

基本的に個人輸入の方が安く手に入ります。

しかし、いろいろなリスクを考えた場合、病院で処方してもらった方が良いでしょう。個人輸入で購入したものに関しては外国のものになりますので保証はされません。病院で処方してもらう場合医療機関によって金額設定が変ってきます。

都内であればいくつかバイアグラを購入できる医院がありますが、
池袋でバイアグラを購入するなら山の手クリニックは良いと思います。
新宿と八重洲にも医院がありましてほとんど内容は同じで近い方で良いのではと思います。

というのは、ED(勃起障害)治療に関しては、自由診療になるため特に規定がないのです。





カテゴリー:バイアグラ

  
Copyright © 2009 バイアグラQAサイト【White-Man】 . All rights reserved